4月1日にみる日本という国の異常さ

研修という名の洗脳

大手企業などで入社してすぐやることが研修。

大手企業では、3ヶ月以上になる。

3ヶ月以上も何をするといういうのか。

ある企業では、ひたすら飛び込み営業をやらせて名刺獲得の数を競わせる。

ひたすら、企業理念を叩き込む。

今の仕事や体制がおかしいと考える暇も与えず、とにかく働かせる。

そして、その企業の色に染まる。

まあ洗脳といっても、半分くらいはいい洗脳だったりするけど、明らかにおかしい研修はよく聞いたりするよね。

ちょっと遅れるだけで怒られる

怒る

4月1日に初出社。

4月ってけっこう電車が遅延することが多いんだよね。

新しく通勤する学生や新社会人が電車慣れしていないから、よく遅延する。

ちなみに、4月1日は埼京線が30分以上遅延した。

それでも遅刻して怒られるらしい。

どうやら先輩たちが言うには、30分以上早く来て準備しないといけないらしい。

勤務時間ってものがあるのにね。

彼らが言うには社会人なんだから当たり前とか、仕事を中心に考えろとかいうことなんだろうけど、昔の若者より今の若者の抵抗感は強い。

新しい働き方が広まってきてることを知ってるから。

優秀な人から順にやめていったりもする。

新卒が3年で3割やめる

頑張って就職活動をしてやっと会社で働ける。

でも、入ったところで3年で3割やめる。

まあ、なにかしらの夢が出来てやめるぶんにはいいとは思うが、この多くが精神的に辛くて辞めている。

失業率では、二桁を超えると社会不安のリスクが急激に高まるらしい。

失業率と離職率は単純比較はできないけど、社会不安が起こってもいいレベルなんだよね。

普通に考えて、これだけ多くの人がやめるのは、若者ではなくて社会全体に問題があると思う。

新卒を大量採用する企業は基本的に、やめることを前提として人を雇っている。

そこでやめた人は、その後の転職活動で苦しむ。

頑張れない人に冷たい社会。

こんな社会でいいのかな??

まとめ

日本社会って理不尽の塊だったりするんだよね。

自分って頑張っていないように思うかもしれなけど、最低でも週5日8時間労働してるだけでもけっこう頑張ってるんだよね。

頑張ってる自分をほめてあげよう!

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク