思いっきり投げた球は打たれやすい。

これは野球の話。

ピッチャーはバッターをおさえるために当然のごとく全力投球する。

打たれまいとして投げたボールは甘くなる。

その結果打たれてしまう。

力が入りす入りすぎているボール威力がなく打たれてしまう。

全力投球して打たれるならとボールを軽く投げてみる。

当然そのボールは打たれる。

その一方で、打たれない人がいる。

それを見て周りは

「なんで打たれないの??」

って思っている。

相手バッターはピッチャーの術中にはまる。

これは、実生活でも同じ。

「なんで怠けてるのに、あんなに上手く行くんだろう」

って感じる人はいる。

ごく少数なんだけどね。

でも、この人達は他の人が知らないなにかに気づいている。

それは

「力の抜き方」

これは、実生活でも一緒。

もちろん仕事も。

力の抜き方を知った人は自分でもびっくりするような成果を出せる。

「柔よく剛を制す」

合気道をしている女性は、100キロの巨漢にも負けない。

しなやかにかわす。

僕が見ている中で、全力投球をして空回りしている日本人が多いと思う。

いかに力を抜くか。

これが人生の大きなポイントだったりする。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク