のんびり出来ないのは「病気」

「頑張らないといけない」という強迫観念。

これって病気に近い。

人には死の恐怖がある。

もし、狩りが上手く行かなかったら餓死してしまうっていう強迫観念。

頑張りすぎる人は、この強迫観念に負けている人。

強迫観念からくるモチベーションは、自分自身を壊す。

「頑張りたくない」と思うのは、自分を守るための正常な反応。

食べる分が確保すれば、人として十分。

のんびり暮らしていけばいい。

なのに、働かないと落ち着かない。

特に目的もないのに頑張る。

これって人間本来の生き方に反してる。

必要以上に求めると、おれは争いになる。

資源を無駄に浪費する。

必要以上に働いて、必要以上に求める。

これって一種の病気だと思う。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク