「少数派」だからって気にしくていい

「人と違う考え方を持っている」

「人と違う行動をしてしまう」

いわゆる少数派の人。

同調圧力が強いこの日本では生きていくのは難しい。

人と同じ行動、考え方を強要される。

そのうち、「自分っておかしいんじゃないか。」

とか

「自分って間違っているじゃないかと思ったりする。」

でも、よくよく考えてみて欲しい。

多数派の考えたってどうやって出来上がったのかな??

今の時代はテレビが大きな役割を果たしてる。

テレビで起きていることが全てだと思い込む。

例えば、殺人事件が報道されると治安が悪くなっと感じる。

そしてママ友たちに話して私の考え方が間違ってない、あってると確信するようになる。

その後子どもに、知らない大人に付いて行ってはいけないよとか、保証人になってはいけないよとか子どもに教える。

人は、なんとなくの情報を受け取ってなんとなく話して、それが多数派を形成していく。

多数派の根拠はなんとなく。

それも、ドラマとかニュース、ドキュメンタリーに影響されている。

メディアは儲けないと潰れちゃうから、人が見るような内容を報道するし、権力の都合の悪いことは報道しない。

メディアが報道していることは偏っている場合が多い。

ってなると、多数派の意見って偏っている場合がおおいのが実情。

だから、もしかしたら少数派のあなたは合っているのかもしれない。

ちゃんと物事を見極められているかもしれない。

もちろん、少数派が間違っている場合もある。

でも、多数派の意見に根拠があることは少ない。

だから、少数派だからって悩むのはもったいないし、意見を変える必要はないんだよね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク