あなたは自分のことが好きですか??

あなたは自分のことが好きですか??

って聞かれたときに、自信を持って好きって言える人って意外と少ないと思う。

特に、頑張りたくないときに読むブログの読者さんは少ないと思う。

自分のことが嫌いな人って生きていくのにはかなり辛かったりする。

他者の評価にビクビクする

自分のことが嫌いな人。

自分のことを愛せない人。

こういう人って、他者の評価を非常に気にする。

だって、自分を愛せないから他者に評価されたい、愛されたい気持ちが強い。

他者に依存するために、精神的に不安的になる。

環境はよく変わるからね。

人の気持もよく変わる。

一方で、自分のことが好きな人は相手の評価を気にしない。

だって、自分を愛している人物がいるから、他者の評価が気にならない。

自分を愛する気持ちは

根拠が無い自信満々なトルコ人

自分を好きになれって言われたって、好きになる場所がないから好きになりようがないよって思っているかもしれない。

でも、仕事が出来るからとか、人気があるからとか〇〇が出来るから好きになるとか、出来ないから嫌いになるとか、そういう思考回路だと落とし穴にはまってしまうもの。

例えば、トルコ人のあるエピソードがある。

トルコ人に

「あなたは英語を話せますか??」

と聞く。

するとほぼ全ての人がイエスって答えるらしい。

なんでかって??

トルコ人は、自分が好きで自信を持っているから(プライドが高い)挨拶ができる程度でも、出来るって答えるんだって。

まあ、これは嘘かもしれないけど、出来るか出来ないかなんてその人の捉え方次第。

自分のことが好きじゃない人って、理想が高いから、自分がダメなんだと思い込んで、負の連鎖にハマってどんどんできなくなっていく。

出来るかできないか人それぞれ

自分はなにも出来ないからダメなやつだと思うかもしれない。

でも、そもそもできる奴がいいやつなのかな??

スポーツできたり、仕事ができたり、勉強ができたり・・・

でも、今の社会は競争社会だから、だれかが出来れば、だれかが出来なくなる。

勝者が生まれ、敗者が生まれる。

その人が出来ることによってある人は淘汰される。

それに、あなたは仕事ができるために生まれてきたのかな??

モテるために生まれてきたのかな??

別になにも出来なくたっていい。

自分が幸せであれば。

むしろ、出来ることによって失うことができる。

一度、成功してしまうとそれに慣れてしまい、それを下回るパフォーマンスをすることを恐れるようになる。

自分を好きになると「不思議なことが」

自分を好きになると・・・

あら不思議。

次々と物事ができるようになる。

なんでかって??

自分を好きになるとパフォーマンスが上がるんだよね。

まず、自分が好きであるから人の評価をきにしなくなり、「不安」という二文字が心の中から消える。

不安は人のパフォーマンスを大きく下げるものだから、それだけでもパフォーマンスは上がる。

それに、自信を持てるから、立ち振舞いもかっこ良くなって、話すことにも説得力が増す。

他にも、自分が好きになると頭の回転が自然と出来るように動いてくれる。

自分を心の底から愛せるようになると、自分でも信じられないくらいのパワーが出てくるもの。

自分を受け入れてみよう

そんな事言われても、自分を好きなるって難しいから無理だよって思う人が大半だと思う。

実際自分もそうだった。

まずは、出来ない自分を受け入れてみよう。

失敗を受け入れてみよう。

意外と人は、受け入れてくれるもの。

まずは殻を破ることがから始めてみよう

殻を破ること。

自分が嫌いな人が自分を好きになるキーとなる言葉だと思う。

一気に100個の殻を破ろうとしなくていい。

凄い人と比較しなくていい。

女の子と話せない人なら挨拶から始めてみよう。

人前で話すのが苦手だったら、一言でいいから発言してみよう。

一日1つの殻を破るだけでもいい。

それが難しいなら一週間に1つの殻を破ってみよう。

ここで大事なのが、出来ない自分を責めないこと。

挑戦している自分を褒めてあげよう。

成功したらもっと褒めてあげよう。

すると不思議な事が起きる。

なんか人生が楽しくなる。

自分が好きになる。

レベルが高い人と比較するから自分のことが嫌いになる。

あくまで他人は他人。

自分は自分。

こうやって、殻を破ることに挑戦しようとする、もしくは挑戦する。

これだけで、前向きになれるし、自分のことが好きになれるよ!!

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク