なぜ私はマイナス思考なの?マイナス思考も長所の1つ

人々を苦しめるマイナス思考。

マイナス思考は、あらゆる面でマイナスな影響を及ぼす。

「今日も上司や先生に怒られるのではないか」

「もし失敗しちゃったらどうしよう・・・」

この結果までマイナスになるマイナス思考をどうにかしたい・・・

そう考えている人が多いんじゃないかな。

でも、このマイナス思考って長所なんだよ。

マイナス思考の原因

そもそもなんで人間にマイナス思考があるのでしょうか。

その理由は簡単で、生きていくのに必要だから。

昔は今みたいに安全ではなくて、常に死と隣り合わせだった。

肉食動物と一緒に暮らし、自然災害もたくさん起こった。

今、台風とか大雨は天気予報を見ればわかることだけど、当時の人達はそれがわからなかった。

肉食動物に食われるかもしれない、大雨による増水で流されるかもしれない。

そんな状況において、マイナス思考は大きく役に立った。

ちょっとした音がしたら反応して逃げる準備をしたり、天候不順を察知して対策をねったり、それ以外にも対策を練る必要がたくさんあった。

もし、プラス思考で

「なんとかなるさ」

という人ばかりだったらどうなるか。

仲間たちは皆死んでしまいます。

これを聞いて

「今の時代は関係ないよ」

って思うかもしれないけど、そうじゃない。

今の平和の時代はちょっとしたことで終りを迎える。

地震に津波に富士山噴火。

それに加えて朝鮮有事。

これらの大災害がいつ起きてもおかしくないのです。

そんな危機の時代において重宝されるのが、マイナス思考の人たち。

マイナス思考の人たちはあらゆる危険なことを予想して事前に察知して、力強く生き残ります。

短所と思われがちなマイナス思考って実は長所だったのです。

マイナス思考は病気なの?

とはいえ、行き過ぎたマイナス思考は問題。

病気と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

実はマイナス思考自体は問題ではありません。

行き過ぎたマイナス思考により、鬱病などの問題を引き起こします。

もし、自分の身近な人が極度のマイナス思考の場合はどのようにしたらいいのでしょうか。

身近な人に精神科に行かせようとしてもなかなか行かないからね。

病気であることを告げるのは逆効果です。

どんどん心を閉ざしていく。

その場合は呼吸を整えてあげること。

例えばだけど、「一緒に遊ぼ」っていってヨガに連れて行くのがいいかもしれない。

ヨガって心を落ち着ける効果がある。

あとは、一緒にハイキングに行くのもいいかもしれない。

緑で空気を吸うと元気が出てくるからね。


マイナス思考の特徴

マイナス思考の特徴はどのようなものなのでしょうか。

マイナス思考はその言葉の通り、マイナスのことをばかりを考えてしまいます。

「失敗したらどうしよう」

「嫌われているんじゃないか」

とにかく不安で、周りがコソコソ話をしていると自分の悪口を言っているように聞こえるし、笑い声がすると自分のことをバカにした笑いなんじゃないかと思えてきます。

行き過ぎた被害妄想をしちゃうけど、落ち着いて考えるときもある。

そんなはずないってね。

そんな行き過ぎたマイナス思考をしていると自己嫌悪感が増してくる。

これがマイナス思考です。

なぜマイナス思考になってしまうのかというと、マイナス思考に捉えるように脳ができているから。

適度なマイナス思考はいいものの、行き過ぎたマイナス思考は自分自身のメンタルを破壊していきます。

マイナス思考を改善するには?

行き過ぎたマイナス思考。

特に生命の危険があまりない現代で生きていくのは大変でしょう。

やはり行き過ぎたマイナス思考は辛いので改善したいですよね。

マイナス思考を解決するには、自分で自分を認めてあげることです。

自分を自分で好きになってあげること。

これがかなり大事。

これを聞いて

「自分なんてなんにも出来ないから好きになるなんて無理だよ」

って思うかもしれないけど、そうじゃない。

好きになるのには理由はいらない。

どんなひどい国に住んでたって、地方に住んでたって多くの人は自分の地域のことを好きでいる。

田舎でのどかでいいところだって。

自分には自分なりのいいことがあるんだってね。

人と比較してはいけない。

人と比較する意味はない。

自分にはいいことろがある。

自分を好きになるのはなかなか難しいかもしれない。

マイナス思考になっているからね。

でも、大丈夫。

自分で自分を認めてあげることを忘れなければ、気づいたときには自分が好きになっている辛さ。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク