ポジティブにはない「ネガティブ人間の長所」

ポジティブ人間がもてはやされる傾向にある今日このごろ。

プラス思考っていいイメージがありますよね。

でも、ネガティブそんなに悪いものですか??

ネガティブだからこそ出来ることはたくさんあります。

そのネガティブ人間が持っている長所をご紹介します。

人の心の痛みがわかる

ネガティブ人間って傷つきやすいですよね。

ちょっとしたことで傷ついちゃう。

だからこそ、人の心の痛みがわかるんですね。

思いやりも人一倍強いです。

ポジティブ人間も人を思いやることは出来ますが、ネガティブ人間には細部まで行き届いた思いやりが出来るのです。

相手を傷つけるような不用意な発言はしません。

人の心の痛みがわかる優しい人なんですね。

記憶力がいい

本人は気づいてないかもしれませんが、ネガティブ人間は記憶力がいいです。

ネガティブになるのは過去の経験を覚えているからネガティブになります。

記憶していないのであれば、ネガティブになりようがありません。

実は、記憶力がいいんですね。

リスク回避能力が高い

リスク回避能力が高いです。

ネガティブ人間は常に、マイナスなことを考えています。

既に、想定していることなのでリスク回避能力が高いと言えるでしょう。

圧倒的なコミュニケーション能力

これを聞くと意外と思えるかもしれません。

ここのポイントは「圧倒的」という言葉です。

コミュニケーションには、周りの空気を察知する能力と、察した上で行動する能力の2つがあります。

ネガティブ人間には前者の能力が高いです。

高すぎるが上に、遠慮してしまいます。

その壁を超えて、行動する能力が伴うと圧倒的なコミュニケーション能力になるのです。

事実、お笑い芸人で売れている人間のほとんどが繊細だと言います。

意外とビビリが多かったりします。

その壁を乗り越えると圧倒的なコミュニケーション能力がつくのです。

まとめ

いかがでしたか。

ネガティブな人って生きにくいかもしれません。

でも、ネガティブだからこそ発揮できる能力もあるんですね。

乗り越えることは簡単ではないですが、乗り越えた時の能力は自分の想像を超えた凄いものだったりします。

ネガティブだからと自分を攻めるのではなく、長所もあると自分をほめてあげましょう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク