組織の2割は怠け者。「パレートの法則」

お前は頑張っていない。

とか。

頑張りたいけど仲間と同じように頑張れない。

とか、なんか頑張れないからと悩んでたりしませんか??

でも、その悩みっていうのはパレートの法則でに説明できたりする。

組織の2割は怠け者。パレートの法則

パレートの法則はご存知でしょうか??

パレートの法則は、様々な物事や現象には偏りがあり、一部の人が多く利益を得ることを指します。

パレートの法則は、80:20の法則とも言われます。

パレート法則の例

パレートの法則は様々な例に当てはまる。

例えば、コンビニの売上の8割が2割の商品で売り上げている。

他には、2割の人が8割の富を所有したりとか、2割の社員が8割の売上をあげたりとかする。

2:6:2の法則

組織の場合のパレートの法則は2:6:2の法則にあてはまります。

上位2割と真ん中6割と下位2割。

使えない人は切り捨てればいいという考え方もあると思いますが、下位2割を切り捨てたところで同じ2:6:2になる。

真ん中の6割のうちの誰かが下位2割に落ちてくる。

組織の運営って難しいですね。。

働きアリの2割は怠け者

あり

これまでパレートの法則を説明してきましたが、これはアリでも当てはまったりする。

アリって働き者のイメージがあるけど、実は2割のアリはサボっているのだ。

でも、この2割って意味があるんだよね。

ある実験で2割の怠け者を強制的に働かせたんだって。

そしたら、今度はその組織はすぐ壊れてしまった。

皆が一生懸命働くと、皆が疲れてしまったら補充要員がいないから、上手く行ってる時はいいけど壊れ始めると歯止めが効かないらしい。

人には閾値がある

人には閾値というものがある。

ある刺激が1で頑張る人がいれば、100で頑張る人がいる、

この閾値が同じ人の集団は、上手く行ってるときはいいが、上手く行かなくなったらすぐ組織が壊れる。

怠け者って閾値が高いぶんなかなか頑張れないけど、それはそれで組織に必要だったりする。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク