幸せになりたければ、テレビをみちゃダメ

幸せになりたい。

これは誰しも思っていること。

でも、この日本では幸せと思っている人が少ない気がする。

これだけ経済発展してきのに。

飢えや拷問で苦しんでいるわけではないけど、日本人で苦しんでいる人ってかなり多いよね。

それを裏付けるデータがあって、世界幸福度ランキングで日本は51位。

治安がよくて、人柄もよく、経済発展もしていて、平均寿命も長い。

TOP5に入ってもいいような日本なんだけど、日本人の幸福度はあまりよくない。

色んな原因があると思うんだけど、その大きな要因としてテレビがあると思うんだな。

ネガティブ報道ばかりのテレビ

最近のテレビの報道。

見てみると、増税、国の借金、ブラック企業、不倫、待機児童。。

ことさら問題を取り上げて国民をネガティブの方向に持っていく。

この背景には、ネガティブ報道を見る視聴者がいるから、ネガティブ報道をするんだけど、これを見た人は、どんどんネガティブになる。

悲劇のヒロインになりたがっているのかもしれないね。

幸せになると、今度は幸せが逃げていくのを恐れてしまう。

日本人にはそういった心理特性があるらしい。

幸せが逃げていくのが怖いから、ネガティブ報道を見てしまう。

僕もそんな心理傾向があるから、ネガティブなことを見たくなる気持ちはわかるよね。

でも、ネガティブ報道を見るのはよくないよね。

ネガティブな放送を見るのはやめよう

幸せになりたいのであれば、ネガティブな放送を見ないことから始めよう。

ネガティブ報道を見た人は、自分の気持ちがネガティブになっていく。

ネガティブになるだけならまだしも、自分のことを不幸になることがふさわしい人間だと錯覚

をしてしまう。

そうなると周りの人にも伝染して、自分だけではなく自分がいるコミュニティごと不幸になってしまう。

ネガティブ放送を見るのをやめるだけでも、効果があるし僕がおすすめしているのはポジティブなテレビを見ること。

個人的におすすめしているのは、出川哲朗の充電させてもらえませんか。

出川哲朗の充電バイク旅の話なんだけど、ゆるい感じの番組で、旅先の人の優しさに触れることができる。

それに、リラックしている出川哲朗を見ていると、ありのままで生きてもいいんだと心が楽になってくるんだよね。

幸せになるために、ポジティブ人間と仲良くする

ここまでテレビの話をしてきたけど、幸せになりたいのであればポジティブ人間と仲良くしよう。

というのも、人の幸せは事実ではなくて、事実をどう捉えるかによって決まってくる。

失恋だって、怒られたって、恥ずかしいことだって、捉え方を変えれば不幸な出来ことじゃなくなる。

その捉え方を変えるヒントを与えてくれるのは、ポジティブな人たち。

ポジティブな人たちと一緒にいれば、自然とポジティブになる。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク