ストレスを自慢するおかしな日本人

日本人って独特ですよね。

ストレスチェックをしてストレスがたくさんあると、自慢をする。

もしくは、ホッとしたりする。

思い当たることはありませんか??

逆に、ストレスがなかったら頑張っていないと思い自分を責めたり。

本来、ストレスって歓迎すべきものではないですよね??

でも、それを自慢する。

これっておかしくないですか??

我慢することが美徳

我慢することが美徳といいますよね。

体調が悪くても病院にいかない。

熱があっても無理して仕事をする。

仕事に影響があったらいけないから。

熱出てるのに我慢したって、効率が落ちるだけなのにね。

その熱は周りにもうつる。

ちょっと体調悪かったら休めばいいのに。

無意識に相手に求める

日本人って周りの目を気にしますよね。

恥の文化だから。

そして、周りの人をめちゃくちゃ評価するよね。

自分が頑張っているから周りが頑張っていないとイライラする。

周りに求める。

「えっ、なんで怠けてんの??」

ってなる。

ほうっておけばいいのにね。

もしくは、モチベーションが上がるようなコミュニケーションをとればいいのに。

よくあるのが、生活保護の不正受給で許せないという議論。

たしかにいけないことだけど、そんな下を見ていないで、もっと上を見ればいいのにね。

空気という名のハラスメント

日本特有のハラスメント。

空気ハラスメント。

これって、言葉によるパワハラよりやっかいだったりする。

表にあらわれないから。

それに、言葉で罵られるんだったら愚痴りやすいよね。

でも、空気っていうのは居心地も悪いし、愚痴りにくいからストレスのストレスの発散がしにくいよね。

それに、なんでも自粛する空気が漂う。

上司に逆らってはいけない。

言われたこと以外をやってはいけない。

これじゃあ、仕事はつまらなくなるよね。

こんな理不尽ばかりの社会に生きている日本人って凄いんだよね。

ほこりをもとう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク