ビートたけしが言った「売れたら使ってね」の意味が深くて感動

ある若手芸人の話。

若手芸人が仲間と飲んでいると、突然そのお店にビートたけしさんがやってきました。

雲の上の存在ビートたけしさんに対して、若手芸人は初めましてと挨拶をしました。

その後、そのまま時が過ぎお店を出ようとして、会計をしようとしました。

すると、店員さんは「お代はたけしさんから頂いています」

とおっしゃいました。

おごってもらったら若手芸人は、たけしさんにありがとうございましたと言いました。

すると、たけしさんが答えました。

「売れたら使ってね」

一般的な人だったら、

「おう」

とかあとは、謙虚ぶった言葉を使うと思います。

ビートたけしさんは、下積み時代が長かったので、こういった人達の心がわかるんですね。

あとは、「売れたら使ってね」は応援してるよってことも示しています。

売れたらっていう仮定の話をするのは、売れてほしくない人に向けてはそんな話はしません。

ビートたけしさんは、下の立場の人の気持がわかるからこんな発言ができるんですね。

私達もビートたけしさんのような人の気持ちがわかる人になりたいですね。

参考にした本

今日参考にした本は、夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とする50の物語

夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とする50の物語 [ 西沢泰生 ]

感想(0件)

心がつかれた方におすすめの本です。

ビートたけしさんのような心がほっとする内容が50もあります。

1話が一分で読み終わるような内容なので、一日一話読むと心がほっとするかもしれないですね(^^)

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク