「ありがとう」人々を幸せにする魔法の言葉

「ありがとう」

毎日のように使われる言葉。

もはや、おはようとかこんにちはのような挨拶みたいな軽い感覚で使っていると思います。

でも、それで本当にいいのでしょうか??

ありがとう。

使い方を変えることで見違えるほどの魔法な言葉になります。

「ありがとう」人々を幸せにする魔法の言葉

とある男性の話。

ある男性は駅の近くで雪かきの作業をしていました。

すると、立ち往生している電車に乗っている女の子が窓をどんどんと叩くので、男性は気になって振り返りました。

その女の子は、あることを書いた紙持っていました。

「ありがとう。お仕事頑張ってください」

男性は感動して仕事仲間にそのことを伝えました。

これを見た男性は深く感動したことでしょう。

女の子がしたことはシンプル。

紙にありがとうと書いて見せただけ。

でも、そこには女の子の本当の意味での感謝の気持ちが込められていました。

今の世の中は、仕事関係の人には挨拶のようにありがとうを使い、家ではありがとうを全く使いません。

でも、ありがとうの使い方を工夫すると、相手を感動させるし豊かにさせます。

紙に「ありがとう」と書いて渡す。

やっていることは単純でシンプル。

でも、その行為には深い愛情が込められています。

あなたも、大事な人に向けて「ありがとう」という気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク