「ゆとり世代」がこの国を変える

大人が言う「ゆとり世代」

これって明らかに悪口だよね。

そもそも、好きでゆとり教育にしたわけじゃないのにね。

それなのに、

「だからゆとり世代」

って悪口を言われる。

でも、そんなにゆとり世代って悪いのかな??

実は、ゆとり世代が日本を変えるんだよね。

無駄なことばかりやる昭和世代

ゆとり世代は、我慢ができないと言われる。

でも、我慢ってそんなに大事かな?

例えば、飲み会。

飲みニケーションとかいうけど、ごますりばかりして、上司の愚痴ばかり聞く。

こんなに無駄なことはないよね。

なにも考えない昭和世代

昭和世代はとにかくガマンすればいいと思っている。

でも、なんのために我慢しているのか考えていない。

こんなお荷物社員がどんなに多いことか。

役員にしても隠蔽体質で、日本を壊している。

上の言うことを聞いてればいいと考えているから、日本が衰退していく。

自由に行動するゆとり世代に嫉妬する昭和世代

すぐにやめていくゆとり世代。

まあ、どんな世代でもやめていく人は多いんだけどね。

昭和世代の本音はこんな感じ。

「俺が頑張ってきたのに、すぐやめるとかふざけるなよ」

って思っている。

これって、自由に行動するゆとり世代の嫉妬。

そもそも、これから日本を担っていく若者世代がいつかない場所に、将来はないよね。

冷静なゆとり世代

上の世代に従ってきた昭和世代に比べて、ゆとり世代は冷静にみている。

仕事中心に考えて、家庭を顧みずに働いた。

それによってなにが起こったか。

本当に大事な家族というものを失ったり、ギスギスしたりしてる。

なのに、経済はよくならない。

こんな矛盾をゆとり世代は、見抜いている。

いたって冷静に。

消費をしない若者を批判するけど、物欲では幸せになれないことを知っている。

欲にまみれた人がいかに醜いか。

そんな大人たちを見てきた。

だから、ゆとり世代は冷静なんだよね。

自らを貫くことで世の中が変わる

ゆとり世代は、たくさん考えている。

それと同時に悩んでいる。

幸せってなんだろうって。

この閉塞感を漂う世界でどうやって生きていこうかって。

大人のいうことはなんかおかしいけど、このままじゃいけないと思っている。

ゆとり世代の多くは本当に辛い思いをしている。

本当に悩んでいる。

でも、その悩みが日本を変える。

ゆとり世代の悩み、苦しみの解決の糸が見えてきたときに国が一気に変わる。

その悩みが日本を動かす大きな原動力になる。

いつだって国を動かすのは、若者。

明治維新を起こして国を変えたのは若者。

これからの時代を担っていくのは、ゆとり世代。

ゆとり世代の悩みが、将来の日本を変えるんだよね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で頑張りたくない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク